So-net無料ブログ作成

下北沢演劇祭2012 [観劇日記]

星の街‥
それは地球から遠く離れたネパンタール星にある小さな街。
我々人間と姿形はほとんど変わらない人々が、ささやかな毎日を送る街。
そんなネパンタール星にひとりの女がやってくる‥‥。
星の街の花嫁.jpg
東日本大震災からまもなく1年。
ひとは何を信じればいいのか、何を行えばいいのか‥‥
答えのない問いに、かすかな希望の光を見出せたら‥‥
演劇の街、
演劇の聖地、
毎年開催される演劇祭。
今夜は、北沢タウンホールで「星の街の花嫁」を観劇させてもらった。
新百合ヶ丘というところで活動する川崎市民グループの公演ということで、
見る前から過剰な期待はしていなかった。値段も手頃だし。
しかし!
地球ではないという設定が!ファンタジーな空間を舞台にした芝居が!
自然と描かれていて、そこに無理がない、
終わってみれば、十分満足できる、希望の持てる音楽劇に仕上がっていた。
脚本力然り、演出力然り、そして出演している役者力然りなのだ。
市民劇団とはいえ、相当鍛えているということが分かる。
音楽劇なので、「歌」や「挿入曲」が多分に使われているのだけど、優しい旋律で、
耳への残りが心地よい。物語とかけ離れた曲ではなくて、
これしかないだろうというくらい、物語にマッチしていた。

「結婚は、周りの人を幸せにすることがこの星のルール」
「希望の持てる人は幸せだ!」
この2つの台詞は、印象に残った。


残念だったのは、客のマナーの悪さかな。
まずは真後ろの客。
小さい子連れで来て、飴を食ったり、袋を開けたり、鞄のファスナーを開けたり閉めたり、
子どもがやたらと母親に質問していたり、椅子で変な音を立てて遊んだり、
集中力を削がれた。
それから、舞台のカメラ撮影の準備をしている音。
加えて、遅れてくる客の足音や何かにぶつかった音。
こういう市民劇団の公演ということで、初観劇の人もいただろうけど、マナーは守ろう。
演じている役者には失礼なこと。
お金を払っているとはいえ、TVや映画じゃない、同じ空間にいて、
お客である我々も一緒に舞台を創り上げているのだよ。
nice!(0)  コメント(0) 

「天使の誘惑」と「秋の童話」新たなるノルマ(現代ドラマ) [韓流ドラマ]

ユン・ソクホ監督の四季シリーズ第1弾!
秋の童話
ソン・スンホン × ソン・ヘギョ × ウォンビン
2話まで見たけど、「秋の童話」は、2000年制作、子役のムン・グニョンが好演。
お約束の交通事故は、第2話で。
douwa-1.jpg
育てていた娘が、実は産婦人科で入れ違っていたとしたら・・・!
衝撃的な現実をどう受け止めるのか。
裕福で優しい親と兄か、貧乏で凶悪な親と兄か。
極端な例を対立させて、ドラマとして描こうとしているのは理解できる。

妹想いの兄。その兄が想いを寄せるのは、その血の繋がらない妹??
韓国のユン・ソクホ監督の事務所、フォーシンズハウスに行っているだけに、
見ておきたい。これを見ると、残すは、不評の「夏の香り」だけだ。


天使の誘惑
2009年 SBS制作 
ペ・スビン×ハン・サンジン×イ・ソヨン
このキャストを見て、「同伊」だ!「春のワルツ」だ!「イ・サン」だ!と、
すぐに頭に浮かぶ人は、かなり「通」だと思っていい。
こちらは、2話まで見て、「いける!」と確信。
お約束の交通事故は、こちらも2話でー。
妻の知られざる過去。
夫の両親に復讐する理由。
ハラハラドキドキの展開。日本の昼ドラ枠でやりそうな内容だね!
main_tensi_program_r_420x0.jpg
話は変わるけど、
私と誕生日が4日違いのスーパースター、ペ・スビンの作品を鑑賞するのは6作品目。
「朱蒙」、「風の絵師」、「華麗なる遺産」、「海神」。
そして、現在視聴中の「同伊」。
ハン・ヒョジュのファンミでもサプライズ登場してくれて、興奮したんだよな~。
nice!(1)  コメント(0) 

WWE ROYAL LUNMBLE 2012 by DMM.com [WWE]

これでいいいのだろうか?
年間4大PPVの1つ、ロイヤルランブルを見終えた感想だ。
ロイヤルランブル2012.jpg
今一つ納得のいかない幕切れだった。
もっと言うと、夏に行こうとしている「サマースラム」へ期待が薄らぐ。
これは、スーパースター達の「質」が低下していることも要因だと思われる。
華のあるスーパースターが少ない。
ミステリオ、クリスチャン、A・デルリオ等主力が負傷していても、
それなりのものを魅せてくれないと。
第1試合は、巨漢2人を相手に、ダニエル・ブライアンが王座を防衛。
ケージからあっさりと脱出した。
201202090002-spnavi_2012020900003_thumb.jpg img_result01_1.jpg
ジャック・スワガーは、カート・アングル
ダニエル・ブライアンは、クリス・ベノワ
いなくなったスーパースターに似せようとしても、それは無理がある。限界がある。


今回、ランブル戦を制覇し、優勝したのは意外にもシェイマスだった。
だとしたら、クリス・ジェリコの(シェイマスへの)セールが甘いし、足りない。
サプライズでは、“ハクソー”ジム・ドゥガンが登場!中学時代を思い出した。
あの頃のスーパースターが登場。「USA」コール一色。雄叫びもあった。
オールドFANには嬉しいサプライズだった。
あとレジェンド登場したのは、DXのメンバー、ロード・ドッグ。15年前のスーパースター。

img_result06_1.jpg

WWE王座戦は、CMパンクがドルフ・ジグラーを破った。
自然な流れで、ミスやら不意打ちをしないといけないのだけど、不安なのかね?
CMパンクが無意識に流れを確認しているのが、画面に一瞬でも映ると、
興ざめしてしまう。
img_result05_1.jpg 201202090002-spnavi_2012020900004_thumb.jpg
ランディ・サベージと同じ技を放っても、サベージの「華」には遠く及ばない。

10年ほど前、路線を替えたWWEを初観戦した横浜アリーナは、
それなりに楽しめた。2004年の埼玉スーパーアリーナ公演はPPV並の豪華さで、
日本初のTV公演は、「これがWWEだ」という米国の「生」を届けてくれた。
ここ2年WWEの日本公演(2010年両国、2011年横浜アリーナ)を見て、
明らかに落ちてる。


2012年、WWE日本公演 8月9日(木)~10日(金)両国国技館
headline20120114jp.jpg これにも行って、米国にも行くか??
現地時間8月19日(日)が、PPV「サマースラム」だけに、同じような対戦カードとなることが
予想される。
nice!(0)  コメント(0) 

チョコという気遣い [恋の記録]

バレンタインデー。
先日の5回目のデートを終えたばかり。
気持ちもだいぶ冷めてきたように感じたけど、会うと、小さいながらも意識してしまう。
支部から彼女が来ているとは知らず、昼休みから戻りデスクに着くと、
小さな箱が置いてあった。
(いわゆる義理)チョコレートだ。
それでも、こうした気遣いは嬉しい。
120216_2146~01.jpg 120216_2147~01.jpg
誕生日プレゼント&クリスマスプレゼントを彼女と妹さんからもらって、
もらいっ放しだな。
次回のデートは、3月の中~後半あたりか。
できるかどうかは分からないけど。
まだ、よく掴めない。
このまま、こんな不思議な関係を続けていいのかさえ、実のこところ、よく分からない。


nice!(0)  コメント(0) 

「アクシデント・カップル(ただ見守っていて)」16話完全視聴 [韓流ドラマ]

同時間帯に放映された「シティホール」に、視聴率では負けたらしいけど、
良作の域だと思う。
安心して観ることができる、夢を持つことができる、ハートウォーミング・ラブコメディ。
story21b.jpg  story19.jpg

ハッピーエンド。
これが、典型的な韓国現代ドラマのパターンなのだ。
個人的には大満足。
有り得ないストーリーだけど、心が暖かくなり、ほほ笑ましく、
少し先が読めて、
うまくまとまった「ラブコメのドラマの定番形」の1つ。
http://www.epcott.co.jp/acci/

キム・アジュン(日本に来て、是非ファンミを開催して欲しいです)の美貌が全て。
ドンベク役のファン・ジョンミン氏の卓越した演技力がそれを引き立てている。
泣けて笑える、害のないラブコメ。
story21.jpg 
財産もない、地位や名誉もない、その人柄に惹かれていった大物女優。
名誉や地位と結婚するのではないことを改めて教えてくれる。
生活のことを考えたら、別にそれ(財産や名誉)目当ての結婚自体、
否定はしないけどね。
要は、それを付属品として見られれば、きっと幸せになれる。
nice!(0)  コメント(0) 

山崎貴監督「ALWAYS三丁目の夕日’64」(2012年・日本) @ ワーナーマイカル [映画鑑賞]

今日は、というより、今週は相当疲弊していて、今夜の映画鑑賞は見送ろうと
思ったのだけど、行ってよかった。
メールも何もないものだから、約束自体忘れられているのでは!?と思ったのだけど、
覚えていてくれた。
自分の携帯に、「明日は見送ろう」という趣旨の未送信メールがあったくらいだから、
今夜デートできるだけの気力と体力に自信がなかった。
でも、頑張った。仕事も。こういう日に限って、ムチを打たれる。

横には、こういう映画に向いていないかもしれない彼女がいて、
映画を観ていたら、「無理やりでも突き放さなきゃならなかった人のこと」を思い出し、
なんかそれが自分の気持ちに嘘をついていないかと、この映画を見ながら
涙が止まらなくなってしまった。思い出や話してきた回数、時間は誰にも敵わない。
ただ、こうして新しい彼女と思い出ができる度に、引き返せなくなるー。
「決めろよ!」というセリフに、すごく反応してしまった。
今年のテーマだもの。
sanntyoume.jpg 339701view003.jpg 339701view012.jpg
三部作の完結編は、
「幸せって何だろう?」ということを問いかける優しい映画だった。

個人的には5回以上見た第1作を超えるには値しないと思ったけど、
成長した一平ちゃんと淳之介君を見ることができるのは嬉しいね。
六ちゃんが・・・!
淳之介が・・・!!
茶川の父が・・・!←一番泣いた。

「好きな人といる、それだけで、こんなに幸せなんだろうか」
「なんで書くこと否定するの?」
結婚とか家族とか、
やっぱり今年決まるんだろうな。いやいや決めるんだろうな。決めなきゃな。
nice!(0)  コメント(0) 

「王の女」全42話完全視聴 [韓流ドラマ]

ドラマ「ホ・ジュン」で登場する、第一側室の幼き王子、臨海君と光海君。
この2人の兄弟間の権力争いと兄弟愛、更には親子の間の確執。
親子といえども王の座は特別であることが分かる。
歴史ドラマを深く見てきた人には、面白いドラマだと思う。
第二側室の息子、信成君と世子の座を巡り争うことになるのだが、それだけで終わらず、
56歳で迎えた王妃の息子・永昌大君も悲劇の王子として登場する。

「キム尚宮」は、3大悪女(チャン・ヒビン、チャン・ノクス、チョン・ナンジョン)と同じレベルで
評される人物。身分といい、策士・才女という点で、チョン・ナンジョンに近い。
先代王の寵愛を受けながらも、
次期王となる光海君への愛を貫き通した一途な宮女の生き方の1つを描いて見せた。
story_ph42.jpg 
story_ph23.jpg ホン・スヒョンが、若き王妃を強く演じている。
「テジョヨン」で出てくる公主とは違って、強かだ。
このインモン王妃vs,ケットンが、ドラマの後半のみどころ。
nice!(0)  コメント(0) 

成島出監督「八日目の蝉」(2011年・日本) by DVD [映画鑑賞]

井上真央×永作博美×小池栄子
2011年、社会での評価が高いので観させてもらった。

舞台で鍛えられたのであろう、小池栄子の演技力に磨きがかかっている。
ジャーナリスト役から懐かしい友人へと変わっていく。
同じ施設で育った設定だと後で分かる構成。

でもさ、僅か4年なんだよなぁ。
生まれて間もない頃から4年間。4歳まで一緒に過ごした偽の母親との記憶。
どこかに無理がないか?と、ところどころ思いながら見ていた2時間27分。
成島監督作品は「孤高のメス」以来。

不倫相手の自宅で娘を奪い、逃亡した女性を永作が熱演。

誘拐犯に育てられ、24歳になった女性を井上真央の冷めた芝居が上手い。
最後に、何とも言えぬ温かい愛情に満ち溢れるのだけどー。
youkamenosemi.jpg
心に響かない。
それは、女性の映画だからなのかもね。典型的な女の映画という感じだ。
男目線がない。
男性目線の愛情がどこかに奥深く描かれていれば、もっと楽しめたに違いない。
nice!(0)  コメント(0) 

パク・カンヒョン監督「トンマッコルへようこそ」(2005年・韓国) by DVD [映画鑑賞]

演劇を見て、映画がどんなものかー、気になっていた。
いずれ観ようと思っていたのだけど、こんなに早くに見られるとは!
職場の上司が気を遣ってか、DVDを貸してくれたのだ。
20060722001fl00001viewrsz150x.jpg
でもね、
この前見た演劇の方が上だと思った。
猪のシーンは印象に残ったけどね。演劇と映画、物語は似ているようで、違う。
ストーリーティラーがいる演劇、いない映画。
写真がある演劇、ない映画。

全般に感動できる要素が不足していた感じがした。
観劇後、脚本家のチャン・ジンさんが「映画よりも韓国でやった演劇よりも素晴らしい」と、
アフタートークでお話しされていたけど、社交辞令じゃなくて案外本当かもね!
nice!(0)  コメント(0) 

徳寿宮にも行っていた! [韓流ドラマ]

2006年、夏の韓国初上陸の旅行の時に、
今、視聴中の「王の女」の一時的舞台であり、大妃が光海君(金尚宮の陰謀)により、
10年幽閉された場所。宣祖王が永昌大君を暗に世継ぎにしようと画策した場所。
昌徳宮が倭乱で焼失し、再建されるまで、宣祖王が過ごした仮の王宮。
成宗王(ドラマ「王と私」の時代)の兄の私邸であった。
こうして振り返ると、
『韓国歴史ドラマの旅2008』に、「王の女」を追加しておきたい。
行ったのは2006年だけどね。
あの頃は、ここまで韓国歴史ドラマに、はまってなかったからなぁ。
覚えているのは、それほど面白くなかったこと。ただ、狭い王宮だなぁということくらいしか
記憶にない。15時くらいに行ったんだよな。少し、涼しくなって。それでも暑かったか。
その時のblogでは紹介してない写真。数少ないんだよなぁ。
2006_0826韓国旅行0062.JPG 大漢門。
2006_0826韓国旅行0065.JPG 
1902年に創建され、2年後に焼失し、再建された中和殿。
これは、「明成皇后」の時代のもの。
 2006_0826韓国旅行0063.JPG 歴史ドラマを見ていれば、感じるものがきっとあった
はず。なんか勿体ない観光をしていたわ。
2006_0826韓国旅行0066.JPG 玉座。
2006_0826韓国旅行0064.JPG 世宗大王の石碑があります。
2006_0826韓国旅行0067.JPG 整備された庭園に美術館。
高宗の時代に西洋様式がたくさん入ってきたのです。
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。