So-net無料ブログ作成
検索選択

WWE Elimination Chamber 2012 by DMM.com [WWE]

WWEユニバースが待つレッスルマニア28の前に開催される最後のPPV大会
イリミネーションチェンバー。
img_ppv.jpg ロイヤル・ランブルを制したシェイマスが挑むのは、
WWE王座か世界王座か。ヒール時代に、世界王座に輝いた実績があるものの、
まだ決めていない。

WWE王座戦 イリミネーションチェンバー形式
CMパンクが辛くも勝利。ジェリコの側頭部へのハイキックは豪快だった。
ザ・ミズの巧さも光った。スカル・クラッシング・フィナーレでカウント3を奪えず、
動揺したお約束の演技(取乱し)を魅せて、パンクのフィニッシュ・ムーブを
誘う(出しやすくする)。そこで、GTS!
『レッツスルマニア28』では、CMパンクが王座のまま登場しそうだ。

120302_kak_wwe180.jpg img_result01_1.jpg

今回は、復活組の顔見せ。
ジョン・ローリナイティスwith オタンガのマイクにマーク・ヘンリー
アルベルト・デル・リオ、そして、あの音楽に乗って久々にこの男が登場!
クリスチャンだ。彼らの復活とマイクパフォーマンスは嬉しい限りだ。
img_result03_1.jpg

世界王座戦 イリミネーションチェンバー形式
最近、なんか腹立たしいダニエル・ブライアン。少しずつヒール・ターンしていることが分かる。
噂では、ビッグ・ショーのヒール・ターンと聞いていたのに、上層部が考え直したのかな?
12月のWWE日本公演、横浜アリーナで来日し、「1,2、サンティーノ」とマイクアピール
したサンティ-ノ・マレラが大健闘。王座奪取目前まで残って会場を沸かせた。
カリが早々に敗退、ビッグ・ショーは、コーディとバレットの攻撃に敗れ、バレットも
ブライアンとマレラの連携で退散。
気付けば、マレラと王者・ダニエル・ブライアン。
コブラ登場で、もしや!の予感。命中で、「決まり!」かと思いきやカウント2.8!
悔しがるマレラにルベルロック。
世界王座の方も移動がなく、現王者、ダニエル・ブライアンが王座を死守(防衛)した。
img_result04_1.jpg 201203020003-spnavi_2012030200006_thumb.jpg
その喜びの最中に、シェイマスが登場し、無言のアピール。
間違いなく、ダニエル・ブライアンに挑むというストーリーラインが出来上がった。

メイン・イベントは、
ジョン・シナvs,ケインの=救急車マッチ
壮絶な戦いのように見えるけど、ジョン・シナの試合は、こういう展開が多いことに
気付かされる。
盛り上げ方という点では、ベテランの敗れたケインがよく分かっているのだと思う。
img_result06_1.jpg 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

WWE ROYAL LUNMBLE 2012 by DMM.com [WWE]

これでいいいのだろうか?
年間4大PPVの1つ、ロイヤルランブルを見終えた感想だ。
ロイヤルランブル2012.jpg
今一つ納得のいかない幕切れだった。
もっと言うと、夏に行こうとしている「サマースラム」へ期待が薄らぐ。
これは、スーパースター達の「質」が低下していることも要因だと思われる。
華のあるスーパースターが少ない。
ミステリオ、クリスチャン、A・デルリオ等主力が負傷していても、
それなりのものを魅せてくれないと。
第1試合は、巨漢2人を相手に、ダニエルブライアンが王座を防衛。
ケージからあっさりと脱出した。
201202090002-spnavi_2012020900003_thumb.jpg img_result01_1.jpg
ジャック・スワガーは、カート・アングル
ダニエル・ブライアンは、クリス・ベノワ
いなくなったスーパースターに似せようとしても、それは無理がある。限界がある。


今回、ランブル戦を制覇し、優勝したのは意外にもシェイマスだった。
だとしたら、クリス・ジェリコの(シェイマスへの)セールが甘いし、足りない。
サプライズでは、“ハクソー”ジム・ドゥガンが登場!中学時代を思い出した。
あの頃のスーパースターが登場。「USA」コール一色。雄叫びもあった。
オールドFANには嬉しいサプライズだった。
あとレジェンド登場したのは、DXのメンバー、ロード・ドッグ。15年前のスーパースター。

img_result06_1.jpg

WWE王座戦は、CMパンクがドルフ・ジグラーを破った。
自然な流れで、ミスやら不意打ちをしないといけないのだけど、不安なのかね?
CMパンクが無意識に流れを確認しているのが、画面に一瞬でも映ると、
興ざめしてしまう。
img_result05_1.jpg 201202090002-spnavi_2012020900004_thumb.jpg
ランディ・サベージと同じ技を放っても、サベージの「華」には遠く及ばない。

10年ほど前、路線を替えたWWEを初観戦した横浜アリーナは、
それなりに楽しめた。2004年の埼玉スーパーアリーナ公演はPPV並の豪華さで、
日本初のTV公演は、「これがWWEだ」という米国の「生」を届けてくれた。
ここ2年WWEの日本公演(2010年両国、2011年横浜アリーナ)を見て、
明らかに落ちてる。


2012年、WWE日本公演 8月9日(木)~10日(金)両国国技館
headline20120114jp.jpg これにも行って、米国にも行くか??
現地時間8月19日(日)が、PPV「サマースラム」だけに、同じような対戦カードとなることが
予想される。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

この夏は米国(LA)行きとしたけれど・・・ [WWE]

WWEが早くも、2012年夏の日本公演を発表した。
ワールド・ツアーに組まれているハウスショー。
いつものパターンだ。
20120230-tourbanner.jpg
詳細は2週間後。
迷うけど、やっぱり、飛行機チケットも入手したし、夏休みロサンゼルスには行こう。
予定通り、現地で、4大PPVの1つ「サマースラム」を観戦して、
LA、ハリウッド映画の街)を観光したい。
それ以外にも、サンタモニカとかね!

今年の夏のテーマは、「リアルWWE&ハリウッド 米国初上陸2012」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

WWEを現地で [WWE]

WWEの年間4大イベントサマースラム」。
1988年から続く伝統あるイベント。
プロレスの祭典「レッツスルマニア」は難しそうなことから回避したが、夏なら十分に可能。
今から、航空券を押さえれば、日程的に見ればかなり安く行ける。
現職ラストイヤーと考えている今年。
いつまで在職しているかが問われるので、辞めてから安い時期にPPVに行くのも手だ。
summerslam2012.jpg

決めれば、ロスアンゼルスだ、初の米国の地だ。
そして、1人で海外へ行く、最後の旅になることだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

WWE T.L.C 2011 by DM.com [WWE]

tlc2011.jpg
先月、横浜アリーナでのWWE公演で第1試合に登場し、ジャック・スワガーと戦った
ザック・ライダー。
その時は、体格的にもキャリア的にも、スワガー優位だと思っていたけど、ライダーが勝った。
ライダー強しをアピールしなくてはならない状況、そうだ、今セール中なのだ。
今回のT.L.Cでは、ドルフ・ジグラーを破り、US王座を戴冠した。
父親がリングサイドで見守る中の王座奪取だった。
img_result01_1.jpg Wooー!Wooー!Wooー!

ランディ・オートンとバレットの遺恨試合は、テーブル直撃のRKO炸裂でスカッとしたなぁ。
テーブルの上にダウンしたオートン。ボディプレスを狙うバレットが仕掛けた瞬間に、
オートンが突如起き上がり、RKO!
img_result03_1.jpg 
ケビン・ナッシュとHHHのラダーマッチは、
最後の最後に見せたケビン・ナッシュの「友情のポーズ(証)」が
見せどころだった。あの「間」が、プロレスなんだよ。分かるかなぁ???
あの「間」に、現在・過去・未来が凝縮されていて、これまでプロレスを見てきてよかったなぁと
思わせられるのだ。WWEが壮大な物語であることが分かる。
非情なまでに攻めたHHHと、その攻撃を50歳を過ぎて受けたナッシュには信頼関係が
あることが読み取れる。この奥深さが好きだ。
試合は、壮絶だったけど、FANを最大限に満足させてくれた。
img_result05_1.jpg

大番狂わせは、世界ヘビー級王座戦、マーク・ヘンリーvs,ビッグ・ショー
201112280005-spnavi_2011122800007_thumb.jpg
前回は、リングが壊れるサプライズ。
今回は、王座交代、ビッグ・ショーの勝利の瞬間試合終了直後にまさかが!起きた。
マーク・ヘンリーが怒り心頭で、試合後も襲い掛かり、
ビッグ・ショーがダウン。そこへ、ミスター・マネーの権利を持つダニエルブライアン
駆けつけ来た。
権利行使→ビtッグ・ショーから、まさかの3カウント!
タイトルは、ブライアンのものとなった。
img_result07_1.jpg img_result08_1.jpg

そして、メイン・イベント
WWE世界王座戦 TLCマッチ
CMパンクvs,アルベルト・デル・リオvs,ザ・ミズ
個人的には、ザ・ミズの悪役ぶりがたまらなく好き。
同士だったRトゥルースと決裂して以来、その存在感は増してきたかのように思う。
デルリオも巧かった。
img_result10_2.jpg img_result10_1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

WWE Survivor Seriese 2011 by DMM.com [WWE]

survivor11.jpg
ザ・ロックが帰って来た!!
ジョン・シナとのNever Agein Never before タッグ。
これに尽きる。格の違い。この存在感。
jsports_wwe-287691.jpg 
何が嬉しいかって、あのマイクパフォーマンスなんだよな。
If you smell , What Tha Rock is cook'n !
これを一緒に叫べることだ。
ジョン・シナも相手のミズやトゥルースも完全に呑まれてしまった。
img_result07_1.jpg
シナに炸裂したトゥルースのダイブ。
フィニッシュが、ミズへのピープルズエルボー!!カメラが引いて、いつも見ていた画面に
なる。あ~、懐かしかった。まだまだやれる。衰えていない。

CMパンクが王者に返り咲いた
なるほど、このストーリーラインを引き継いでの日本公演だった訳か。
アナコンダバイスが見事に決まった。
「ランディ・サベージ」チャントは嬉しいね。天山ばりのモンゴリアンチョップも炸裂したこと
から、日本の選手の技を相当参考にしているよね。GTSもKENTAの必殺技だし。
img_result06_1.jpg jsports_wwe-287690.jpg

その他、恒例のサバイバー戦では、
バレット組がまさかの勝利。
jsports_wwe-287688.jpg ランディ・オートンの粘りも実らず。
シェイマスが反則で退場させられたのが最後に響いた。

ビッグ・ショーとマーク・ヘンリーは、後味の悪い反則裁定。
ショーがトップロープからのダイビングエルボーを放つと、「ランディ・サベージ」チャント。
間違いなく、来年にはHall of Fameに選ばれるはずだ。
jsports_wwe-287689.jpg 迫力満点!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

WWE RAW日本公演@横浜アリーナ 2日目 [WWE]

WWE公演、1年3か月ぶり、行きました。
久しぶりの横浜アリーナ。カート・アングルvs,マーク・ヘンリー以来じゃないかな。
あのエディ・ゲレロ追悼色の強かった公演以来。
WWE横浜アリーナ 001.JPG   WWE横浜アリーナ 003.JPG
ハウスショーとはいえ、トロンあり。スーパースターズの入場には華があった。
WWE横浜アリーナ 047.JPG 主役は、この男、大出世したCMパンク。明日以降に
見るWWE「サヴァイバーシリーズ」で、WWE王座奪取に成功し、王者として来日。
今夜も宿敵アルベルト・デル・リオと熱い防衛戦を行った。
WWE横浜アリーナ 042.JPG V字からのダイビングエルボードロップ!!
今年5月に事故死したランディ・サベージを思い出させる。
デル・リオも試合巧者だ。待望の初来日。
リカルド不在で物足りなさもあったけど、TVで見るままのふてぶてしさで入場した。
ドス・カラスの息子である。
WWE横浜アリーナ 036.JPG WWE横浜アリーナ 044.JPG 
盛り上がりを見せたデルリオの腕ひしぎ逆十字!CMパンクを追い詰めた。

セミファイナルでは、NWOの入場テーマ曲でケビン・ナッシュが登場した。
ジョン・シナ&ビッグ・ショーvs,ザ・ミズ&ケビン・ナッシュ

WWE横浜アリーナ 032.JPG ナッシュとビッグ・ショーの対峙。これには緊張感が走る。
プロレスでよく見られる演出。左が、50歳を超えてもなお存在感があるナッシュ。
WWE横浜アリーナ 035.JPG WWE横浜アリーナ 034.JPG
ジョン・シナというスターは好きになれないけれど、
今のWWEを牽引していることは否定できない事実。
レッツ・ゴー!シーナ、シーナ、サックス!のチャントは、WWEユニバースのお約束。
シナのアティトゥードが炸裂し、ミズが3カウントを奪われた。


◎ハイライト◎
ザック・ライダーvs,ジャック・スワガー
WWE横浜アリーナ 007.JPG スワガーが勝つかと思いきやライダーの勝利。

サンティーノ・マレラvs,ウィリアム・リーガル
WWE横浜アリーナ 009.JPG 待ってました。W・リーガル卿
昨日は出場しなかったベテラン。「師匠」チャントでもあればなぁ。
「1,2、サンティーノ」で許すかー。

プリモvs,アレックス・ライリーが一番盛り下がった試合だった。
プリモ、カリートの弟だし、巧いんだけど、いかんせん知名度やストーリーラインがないのが
初物の弱い日本人ユニバースにはきつかったのかもね。
WWE横浜アリーナ 013.JPG ライリーは常時FANにアピール。

前半、最後はUS王座戦のトリプル・スレッドマッチ
(王者)ドルフ・ジグラーvs,ドリュー・マッキンタイヤーvs,メイソン・ライアン
WWE横浜アリーナ 017.JPG WWE横浜アリーナ 016.JPG
バティスタの再来のようなメイソン。
ドリューにフルネルソン・バスターを決めたところで、ジグラーがカットして勝利を横取り。
これが、WWE。これがジグラーなのだ。

インターミッツションを挟んで、ディバーズマッチ。
フナキが、SPレフェリーとして、WWEのリングに帰って来た。
ノンタイトル戦に変更された。ケリー・ケリーvs,ベス・フェニックス
WWE横浜アリーナ 020.JPG  長い間WWEのリングで活躍したFUNAKIは、
日本代表のWWEスーパスターである。サプライズだった。
WWE横浜アリーナ 022.JPG WWE横浜アリーナ 023.JPG 
ベスが王者の貫録を見せたものの、
最後は、インサイドクレイドルでケリーが勝利。ノンタイトル戦だったのが悔やまれる。

そして・・・
このタイミングでミズが入場ー。テーマ曲がなった瞬間、横浜アリーナは興奮のるつぼと
化した。
まだディーバズたちが退場してないのに。
WWE横浜アリーナ 025.JPG FUNAKIに近づくザ・ミズ。
そして、まさか、、、FUNAKIにスカル・クラッシング・フィナーレを見舞ったのだ。
WWE横浜アリーナ 026.JPG 退場するFUNAKI。痛々しい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

WWE 日本公演まであと少し [WWE]

私が観戦に行く日の以下対戦カード。
ジョン・ローリティネス人事部長兼RAW暫定GMが対戦カードの変更を指示とか。
いかにもWWEらしい。ジョニー・エースが、今やWWEの本当の人事部長だもんなぁ。
小橋とタッグ組んでた(90年代の全日本プロレスで)。

japantour11.jpg

【12月1日(木)】

WWE王座戦
CMパンク vs. アルベルト・デル・リオ(王者)
ビッグショー & ジョン・シナ vs. ザ・ミズ & ケビン・ナッシュ
US王座戦
ドルフ・ジグラー(王者) vs.メイソン・ライアン
ディーバズ王座戦
ケリー・ケリー vs. べス・フェニックス(王者)
ザック・ライダー vs. ジャック・スワガー
サンティノ・マレラ vs. プリモ
アレックス・ライリー vs. ドリュー・マッキンタイア
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

WWE VENGEANCE 2011 by DM.com [WWE]

WWE秋の連続PPV。秋の大一番「サヴァイバーシリーズ」はもう目前。
今回は、「VENGEANCE」(復讐)
vengeance.jpg   マーク・ヘンリーのこの形相。
今回のPPVを観れば、それがなぜかよく分かる。

まさかのリング崩壊劇。ブロック・レスナーvs,ビッグ・ショーや50人バトルロイヤル以来。
ヘンリーとビッグ・ショーの世界王座戦は、意外といえば失礼だが、
白熱した試合だった。ショーの必殺技、チョークスラムで決まらない。
トップロープからのチョークスラムでも決められない。
マーク・ヘンリーがコーナーに上がったショーを捕えると・・・、
img_result07_1.jpg 巨体を巨体が雪崩式ブレーンバスター。
そして、計算されつくされたWWEならではのリング崩壊。
FANにはたまらないサプライズになった。
2人共ダウンで、決着は持ち越し。この2人の抗争は続くとみた。

HHH&CMパンクvs,ザ・ミズ&R・トゥルース
前回のPPVで激突したHHHとCMパンクのタッグが実現。
ザ・ミズ&R・トゥルースとの遺恨試合。
面白い展開だったのだけど、試合終盤にケンビ・ナッシュが乱入。
img_result05_1.jpg HHHとケビン・ナッシュのストーリーラインは
終わっていなかった。それにしても、反逆者として、ミズとトゥルースの存在感は増す
ばかりだ。

WWEタッグ王座戦は、王者チーム・エアブーンが、スワガー&ジグラーを退けた。
img_result01_1.jpg  相性抜群の試合展開。見ていて安心できる4人。
トラブル・イン・パラダイス→エアボーンと流れる一連の動きは見事だった。

今年、もう少しブレイクして欲しかったクリスチャンは、シェイマスとシングル戦。
img_result04_1.jpg 今一つか。。。
結局、このシェイマスに華がないし、この抗争に意味がないから盛り上がれないんだよね。
王座戦線に戻ってきて欲しいところだ。

メインイベントは、WWE王座戦 ラストマン・スタンディング戦
ジョン・シナvs,アルベルト・デル・リオ
壊れたリングで行われた王座戦。デル・リオは、試合巧者だわ。負けそうで負けない。
シナのアティトゥードで終わりかと思いきやミズ&トゥルースが乱入。
これが、用意されていたとは!
信じられない幕切れ。
シナが10カウントを数えられ、デル・リオが王座防衛。
実況のM・コールやキング、ブッカーまでもが、レフェリーが乱入に気を取られている間に
「デル・リオが30カウントは寝ていた」と擁護。
img_result08_1.jpg img_result08_2.jpg
最近、コミカルなのは、デル・リオ専属リングアナのロドリゲスだ。
おバカキャラで売れそうだね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

WWEを観に米国へ行きたい [WWE]

11月30日と12月1日に横浜アリーナにやってくるWWE。
今回も、去年夏と同じRAW組の公演。所詮は、ハウスショー。2004年に、
さいたまスーパーアリーナで、WWE史上初の日本でのTV公演を実現しているけど、
それ以降は、ハウスショーしか開催されていない。
ハウスショーのいいところは、じっくり試合を楽しめることだろう。PPVで行われたカードを
やってくれることもあるしね。だけど、TVほどの派手さはないし、
歴史に刻まれることもない。その日の観客とスーパースターズの記憶に残るだけだ。
20110920.jpg

そこで、今、本気で考えているのが、米国でのWWE生観戦。
円高のお蔭で、
いつもなら、30万近くするWWEのツアーが20万円切り。
なんだかんだで、30万円はかかるにしても、
飛行機宿泊チケット代で20万円を切り、米国・フロリダまで行けるのなら、
是非とも行きたいと思うのだ。
WWEファンなら、1度は行ってみたい。現地、いや今やグローバルなプロレスの祭典と
化した「レッスルマニア」(2012年は、28回大会)。  
メインは、ジョン・シナvs,ザ・ロックが予定されている!

今回は、間違いなく、私をWWEファンにさせた男、亡き“マッチョマン”ランディ・サベージが
殿堂入り(HALL OF FAME)するはずなので、最後にお別れをしたい。

macho02.jpg  

WWEの横浜アリーナ公演、
11月30日か12月1日どっちか行くかな。。。見たい選手、いないんだよな。
クリスチャンでも来てくれたら。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。