So-net無料ブログ作成
検索選択

この夏は米国(LA)行きとしたけれど・・・ [WWE]

WWEが早くも、2012年夏の日本公演を発表した。
ワールド・ツアーに組まれているハウスショー。
いつものパターンだ。
20120230-tourbanner.jpg
詳細は2週間後。
迷うけど、やっぱり、飛行機チケットも入手したし、夏休みロサンゼルスには行こう。
予定通り、現地で、4大PPVの1つ「サマースラム」を観戦して、
LA、ハリウッド映画の街)を観光したい。
それ以外にも、サンタモニカとかね!

今年の夏のテーマは、「リアルWWE&ハリウッド 米国初上陸2012」
nice!(0)  コメント(0) 

第2回日韓演劇フェスティバル 「トンマッコルへようこそ」@アウルスポット [観劇日記]

2年前の日韓演劇フェスティバルでは、「ちゃんぽん」、「狂ったキッス」という2作品を
拝見した。
舞台レベルの高さ、メッセージ性の強さは、今でも記憶に残っていて、
今回も期待して足を運んだ。
ind_ph120117.jpg
予想通り、それは優れた上質の舞台だった。
演劇で、実験的要素な芝居というのも歓迎するけれど、このような壮大な舞台セットで、
きっちりとした「『物語』が見たい」自分には、刺激的な公演だった。

まさか、脚本家のチャン・ジンが緊急来日しているとは思わず、サプライズ登場に興奮し、
アフタートークで彼の話を聞けたのは貴重な時間だった。今日だけのようで、
ちょっと得した感じがしたし、韓国の大物脚本家の姿を生で見られて非常に幸せだった。
是非ね、韓国のソウル大学路で、韓国小劇場の演劇を見てみたいと思った。
ph_120127_l.jpg
さて、作品だけど、
映画のプロットを読んだだけで、泣ける感じがして、その予感通り、
泣ける舞台に仕上がっていた。
1950年代の朝鮮戦争時、戦争を知らない村で起きた不思議ともいえる、奇跡的な
心温まる交流を描いた作品。
娘の回想録で綴られていく展開。

・敵同士が自己紹介し、握手した瞬間
・連合軍から村人を救った瞬間(流れ弾でイヨンが死ぬ)
・ラストで村人と敵同士が一緒に写真を撮るシーン(冒頭へ繋がる)
これら3つの場面が、脳裏に焼きついたまま。

戦争の前に、人は人である。
今なお、緊張状態(休戦)中の朝鮮戦争。
「トンマッコル村」は、こうした緊張状態が続く今、韓国人が求める理想郷なのだね。

笑いと涙に満ち溢れた2時間だった。
トークの中で分かったのだけど、演出を担当された劇団・桟敷童子の東さんって、
新宿梁山泊(金守珍主宰)にいたそうで、演出を任されたのは、そうした縁もあったのかも
しれないですね。
最近、数多くの演劇賞を受賞し、将来の日本劇界をリードするであろうといわれる
有望な演出家の1人。
nice!(0)  コメント(0) 

スティーブン・ダルトリー監督「愛を読むひと」(2008年・米国・独) [映画鑑賞]

なんのプロットも読まずに、見始めた。
「2009年キネマ旬報ベスト・テン外国語映画第6位」の映画。
1度、観ようとしたのだけど、間違えて、似た感じの「きみに読む物語」を観てしまい、
こちらを見るのが遅くなってしまった。
aiwoyomuhito.jpg ケイト・ウィンスレットが、美しい裸体を魅せてくれる。
それも、この映画の魅力の1つだ。
「タイタニック」から、もう15年なんだね。15歳の少年を惑わす役を好演。
最初の1時間くらいは、年下の男が年上女に恋するなんとなくのラブストーリー
なのだけど、後半は、ホロスコープ裁判へと様変わりする。
突然去って行った彼女、再会は、裁判所だった。
そこで、彼女がSSだったことを知る。

法学生の彼は、裁判を傍聴しながら、彼女の過去を知っていく。
恥ずかしいこと(字が読めないこと)は、隠し続けた。言えば、裁判も変わったろうに。
彼女のプライドがそうさせたのか。周りの同士たちに罪を被せられた格好になった。
最初の甘いラブストーリーが、アウシュビッツに繋がるとは思っていなかった。
重い映画。過去の記憶と現代、中間を往復する構成は少々分かり難いところもある
けれど、悪くない映画だと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

キム・アジュン「アクシデント・カップル」折り返し感涙 [韓流ドラマ]

有り得ないけど、このドラマには、「夢」がある。
彼の人生はさえないけれど、芸能人ハン・ジス(彼女)が、その人の好さに惹かれて
いく過程が見ものだ。
安心して観ていられる、ちょいと心温まるラブ・コメディに仕上がっている。
2話で1つのスキットを完成させていくスタイル(構成)で、
2話毎ラストで、泣けるんだなぁ。
韓国では、週2話放送が基本なので、こうした構成は視聴率獲得作戦でもある。

韓国一の若手人気女優、ハン・ジスが、やむを得ず偽装結婚した相手はク・ドンベク
というさえない普通の郵便局員。
学生時代から引きずる恋の成就のためにしたはずの最大級の嘘が、
徐々に、真実の愛、真実の恋へ変わろうとしている。
contents_xl.jpg contents_xl2.jpg
支える家族や職場の人たち、弟、妹。
好きだったはずの恋人への想いが消えていく感じ。
泣けてしょうがない。
ほほ笑ましくてしょうがない。
テンポがいい。

キム・アジュンに会いたい。「海神」の何十倍もステキだ。可愛い
ドンベクを演じるファン・ジョンミン氏の芝居は個人的に大好きだ。
100225_l.jpg
「初めてじゃない、芸能人になって、心を開ける人が現れたのは。」
「愛は口に出さないと、伝わらない。」
「この偽を、本物にしてやる!!!だから、諦めるな!」
「存在感なし?違うわ。周りがあなたのことを知らなさ過ぎるだけ。必要不可欠な人よ。
少なくとも私にとっては。」

全16話中、10話まできました。あと半分を切りました。


nice!(0)  コメント(0) 

ヤン・イクチュン監督「息もできない」(2008年・韓国) by Gyao [映画鑑賞]

なんと書けばいいのか分からず、結局のところ「素晴らしい」しか出てこない自分が
情けないのだ。
辛さと痛み、苦しみに感動するバイオレンスムービー。
息もできない.jpg ヤクザ映画という分野は個人的にも好きではないので、
通常は見ないのだけど、2010年の「キネマ旬報ベストテン外国映画第1位」とあらば
期待してもいいかと思い、観てみた。

最初は、暴力が怖かったけど、
次第に怒りへの共感へと変わり、悲しみと優しさが入り混じる。
特に2人の夜のシーンは印象深い。共に泣いたあの晩。
これこそ、同じ魂を持つもの同士の姿なのだろう。

厳しい現実を受け入れなくてはならない、交錯する2人の運命を見事に描いた傑作。
重苦しい余韻だけど、
久々に『映画』を見たと思った。
人間を描いているー、だから、面白かった。

チンピラ×女子高生×幼稚園児 


nice!(0)  コメント(0) 

重松清著 「とんび」 (2008年) [読書]

父親の愛情を感じる一作。
母親の死をめぐって
嘘をつき続けた父親。
大人になって、和尚が話す真実に驚愕する息子。
200312000228.jpg

周りに支えられ、生きてきた。
父親に支えられていた。

東京就職する会社で書いた作文試験。
その内容に涙。

「親が子どもを育てるんじゃない。子が親を育てるんだ。」

いいよな。
家族って。
nice!(0)  コメント(0) 

「龍馬を殺した女たち」@ザムザ阿佐ヶ谷 [観劇日記]

前回、このユニットさんの公演に足を運んでいたで、なんとなくだけど、
こんなものを描きたいという「感覚」の部分は、伝わった。売りにしている、
新感覚ミュージカルと謂われるところ。
ryoumawokorosita.jpg
1列目で楽しませてもらった。
いい感じの舞台。ミステリアスな創作劇の中に、詰め込まれた笑い、ダンス、歌、コント。
見ていることに苦痛を感じない。
作・演出家の方が、自分より年下で、あまりに綺麗な方で驚いた。
50代前後の人がやっていると勝手に思っていたので。
アフタートークというのは、これくらいが丁度いいなぁと思った。


nice!(0)  コメント(0) 

止まった恋愛感情 [恋の記録]

なぜだろう。
年が明けて、完全に冷めてしまった。
メールしたい衝動に駆られない。来なくても何とも思わない。
特別会いたいという欲望に駆られない。
突然、来られても緊張しない。
こう言うと、変だけど、存在が気にならなくなってしまった。

全く気にならないかと言えば嘘になるけど、
次回のデートは、近いうちに新年会の予定でいた。
でも、一緒に行きたいとか思わない。
そういう時期なのか?
正月休んで、感覚が戻ってないだけなのか?ー、
ただ、このまま-CLOSE-していいような気がして。
自分の今の気持ちに正直にいくならね。
恋愛感情がないのに、デートしてたら失礼だろう。
友人として関わる気もなく、ただの職場の同僚にしか見えなくなってしまった。



話は変わるけど、やっぱファンモンだよな。
いい曲だ。
「それでも信じてる」
nice!(0)  コメント(0) 

利尻島ラーメン塩味 [Private Room]

10月の半ばに会った友人から頂いていたお土産。
全国を仕事で回る友人らしいお土産だった。

浅草参拝と利尻島ラーメン 005.JPG

2012年3月が賞味期限だから、急いで食べなくても・・・、なんて思ってたら、
食べる機会を逃してしまいそうなので、
久々に自分流で作ってみました。
浅草参拝と利尻島ラーメン 006.JPG  野菜を炒めて、チャーシューをのせ、これにとろろという
組み合わせで、出来上がり。激美味でした。
nice!(0)  コメント(0) 

WWEを現地で [WWE]

WWEの年間4大イベントサマースラム」。
1988年から続く伝統あるイベント。
プロレスの祭典「レッツスルマニア」は難しそうなことから回避したが、夏なら十分に可能。
今から、航空券を押さえれば、日程的に見ればかなり安く行ける。
現職ラストイヤーと考えている今年。
いつまで在職しているかが問われるので、辞めてから安い時期にPPVに行くのも手だ。
summerslam2012.jpg

決めれば、ロスアンゼルスだ、初の米国の地だ。
そして、1人で海外へ行く、最後の旅になることだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。