So-net無料ブログ作成

WWE Elimination Chamber 2012 by DMM.com [WWE]

WWEユニバースが待つレッスルマニア28の前に開催される最後のPPV大会。
イリミネーションチェンバー。
img_ppv.jpg ロイヤル・ランブルを制したシェイマスが挑むのは、
WWE王座か世界王座か。ヒール時代に、世界王座に輝いた実績があるものの、
まだ決めていない。

WWE王座戦 イリミネーションチェンバー形式
CMパンクが辛くも勝利。ジェリコの側頭部へのハイキックは豪快だった。
ザ・ミズの巧さも光った。スカル・クラッシング・フィナーレでカウント3を奪えず、
動揺したお約束の演技(取乱し)を魅せて、パンクのフィニッシュ・ムーブを
誘う(出しやすくする)。そこで、GTS!
『レッツスルマニア28』では、CMパンクが王座のまま登場しそうだ。

120302_kak_wwe180.jpg img_result01_1.jpg

今回は、復活組の顔見せ。
ジョン・ローリナイティスwith オタンガのマイクにマーク・ヘンリー、
アルベルト・デル・リオ、そして、あの音楽に乗って久々にこの男が登場!
クリスチャンだ。彼らの復活とマイクパフォーマンスは嬉しい限りだ。
img_result03_1.jpg

世界王座戦 イリミネーションチェンバー形式
最近、なんか腹立たしいダニエル・ブライアン。少しずつヒール・ターンしていることが分かる。
噂では、ビッグ・ショーのヒール・ターンと聞いていたのに、上層部が考え直したのかな?
12月のWWE日本公演、横浜アリーナで来日し、「1,2、サンティーノ」とマイクアピール
したサンティ-ノ・マレラが大健闘。王座奪取目前まで残って会場を沸かせた。
カリが早々に敗退、ビッグ・ショーは、コーディとバレットの攻撃に敗れ、バレットも
ブライアンとマレラの連携で退散。
気付けば、マレラと王者・ダニエル・ブライアン。
コブラ登場で、もしや!の予感。命中で、「決まり!」かと思いきやカウント2.8!
悔しがるマレラにルベルロック。
世界王座の方も移動がなく、現王者、ダニエル・ブライアンが王座を死守(防衛)した。
img_result04_1.jpg 201203020003-spnavi_2012030200006_thumb.jpg
その喜びの最中に、シェイマスが登場し、無言のアピール。
間違いなく、ダニエル・ブライアンに挑むというストーリーラインが出来上がった。

メイン・イベントは、
ジョン・シナvs,ケインの=救急車マッチ
壮絶な戦いのように見えるけど、ジョン・シナの試合は、こういう展開が多いことに
気付かされる。
盛り上げ方という点では、ベテランの敗れたケインがよく分かっているのだと思う。
img_result06_1.jpg 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。