So-net無料ブログ作成

下北沢演劇祭で、KAKUTA初観劇 [観劇日記]

KAKUTA 15周年記念公演第3弾『Turning Point -分岐点-』
KAKUTA.jpg 上手い。巧い。面白い。
頭から面白い。
脚本家がリレー方式で1本の作品をつなぐという実験的芝居ではあるけれど、
最後にしっかり繋がった。
誰かを意識した自分の人生を振り返る。
あなたが、私からいろんなものを奪う。
背伸びしてしまう生き方、自分に恥じてしまう。見栄とかね。
友だちってなんだろう。
お互い変化しながら、戻れないと思っていた場所に戻ってきた。

また、始めよう。
過去から現在へ。そして、未来へ。

桑原裕子の天才的な芝居。笑い。ユーモア。劇場で久々に爆笑した。
こりゃ、すごいわ、才能あるわ。脚本家や演出家としても人気だけど、
役者もやらなきゃもったいないな。
若手演劇人の登竜門とされる「ラフカット」から生まれた人たちー。
数少ない成功者の1人だね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。